自作デッキケースの作り方

カードゲームやってると、色々小物にこだわりたくなるものです。スリーブ、プレイマット、デッキケース云々・・・その中で比較的取り組みやすく、かつオリジナリティが出るデッキケースを自作してみました。厚紙光沢紙にラミネート加工を施してあるので耐久性はあります。さらに裏打ちとして透明プラ板を使ってさらに強度アップ!

みんなもぜひ作ってみよう!!

最初から作るのだるい!!という方にはもっとお手軽に作れる方法があります!
こちらからどうぞ!!

※最初の1個目は試作と割り切りましょう!!手先はある程度器用だと思ってても失敗はつきものです。本番は2個目からww

☆必須材料
基本的な材料はすべて100円ショップで揃います。
・A4サイズの写真用光沢紙(厚紙)
P1030380

 

・A4サイズのラミネートコーティングフィルム
手で加工を行う物と、機械が必要な物の2種類があります。ラミ加工の機械を持っていないので、手加工タイプを選びます。P1030381

 

・マジックテープ(裏面がテープになっているもの)
手芸コーナーに置いてあります。縫い付けるタイプもあるので混同しないように。P1030385

 

・透明両面テープ
薄いほど良いです。ちなみに製作にあたっては厚さは0.1mm の物を使用しました。100円ショップの物は強度に不安があったのでホームセンターで購入。P1030384

 

☆あると便利なもの
・透明プラ版(厚さ0.4mm から0.5mm 位。お好みで)
デッキケースの表面の裏打ちに使います。これも100円ショップで売っています。

 

・紙等の角を丸く切る道具(例:カドマル君)
これがあると完成後のクオリティが格段に上がります。持っていても損はしない道具だと思うので、この機会に購入してみてはいかが?だいたい500円前後。アマゾンでも売ってます。P1030386

 

そのほか
・よく切れるカッターやカッター台、画像を印刷するためのプリンター等々

 

☆作り方
1:まず型紙となる画像をネットから落としてきます→こちら(一番下の画像)

 

2:画像編集ソフト(Pixia, sai等)で型紙にイラストを載せていきます。自己責任の名のもと、お好きなイラストを。

※この型紙は折りまげただけでデッキケースを作ることを前提に描かれています。
今回は接着するので、四角の枠部分は消してしまうことをお勧めします。(写真赤丸部分)box型紙

 

3:画像が出来上がったらA4サイズで印刷します。
写真(光沢紙)モードでとにかく綺麗に印刷しましょう!!

 

4:印刷し終えて乾いたら、ラミコーティングをしていきます。
イラストが印刷されている方だけに貼ります。貼り直しはできないので慎重に!!ほこり入ると泣きたくなるよ!!失敗したら印刷し直しです。

 

5:綺麗に貼って空気を抜いたら、あとは形にそって切っていくだけです。
この時、できるだけ新しいカッター刃を使ったほうがいいです。あるならデザインナイフ推奨。一度で力を入れて切ろうとせず、軽い力で何度もなぞるように切るのがコツ。

 

6:切り出しを終えたら型紙の線に沿って折っていきます。
硬くて折るのが不安であれば、定規等を当ててゆっくり90度くらいまで折ってならしましょう。カドマル君をお持ちの方はここでデッキケースの表面下側にあたる角2箇所と、デッキケース中面の角を丸くしてやりましょう(展開図赤丸部分)。BRS_box_3_27:すべて折り終えたら両面テープを貼って接着していきます。
貼る場所は、底面とデッキケースを開けた際の左右の裏側。写真が無いのが残念ですが、実際にやってみればどこを貼ってよいのかわかると思います。

 

8:ここまでくれば完成の形が見えているはず!
まずはデッキケースの表面の裏側にプラ板を貼り付けます。デッキケース側に両面テープを先に貼り付けてしまい、その後プラ板に貼り付けて、デッキケースの形に切ると楽です。切ったプラ板が手に当たって痛いという方は、カッターの刃を側面に当てて削るようになでてやると角が落ちて、手当たりが良くなります。

 

9:最後はマジックテープの貼り付けです。
1円玉の大きさがちょうど良かったです。マジックテープの裏が紙になってると思うので、そこに1円玉を当てて丸く切るだけ。その後デッキケースの裏面に貼り付けましょう。P1030391

 

10:完成です!!
大きさは縦3.5cm, 横9.5cm, 高さ7cm くらいです。バトスピ40枚デッキ(二重スリーブ)でちょうど良い感じです。P1030382P1030383P1030393
残念ながらヴァンガードは二重スリーブにすると入らないです(デッキが50枚で厚いため)。一重ならもちろん入ります。遊戯王はしらん。スタンダードサイズ系のカードゲーム(MTG、ヴァイス等)だとスリーブ無しでないと入らないです。もう少し大きくできればいいのですが、家庭用のプリンターだとA4サイズが限界なので、これ以上大きくできないです。

ラミ加工をしてあるので意外としっかりしています。多少の水がかかっても大丈夫です(内側はただの紙なので過信はしないように・・・)慣れると1時間程度でできてしまいます。原価は・・・200円くらい?自分で作った分愛情wもわきます。

ちなみに作ったのはブラック★ロックシューター系w
ブラック★ロックシューターと、ストレングスと、インセインブラック★ロックシューター(ibrs)の3種類。側面は色違いで柄はすべて同じです。いい画像が無かったので自分で作りました。これが一番大変だったり・・・wでもかなりかっこよく仕上がりました。ロゴは良いものがなかったので、ゲームのロゴの「The game」を消して使用。P1030387P1030388

これでデュエルも楽しくなる!・・・はずルールとマナーを守って遊びましょ

広告

自作デッキケースの作り方” への3件のフィードバック

  1. こんにちは、デッキケースおしゃれですね!
    綺麗に仕上がってて素敵です.。゚+.(・∀・)゚+.゚
    私も手作りしてみたくて検索したら、この記事を見つけたのでコメントを残させてください。

    私は印刷する機械とかソフトを持っていないので、ラミってから作ることにしました

    参考にさせていただきますね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中